観光イベントもある

神社観光はパワースポット

トップ

久能山東照宮を観光しよう

久能山東照宮って神社、ご存知ですか?静岡県静岡市にある国宝にも指定されている神社です。日光東照宮なら観光したことがあるという方もいるかもしれません。実は東照宮というのは、全国に500社以上もあって、「東照大権現」こと徳川家康公をお祀りしている神社なのです。中でも久能山の東照宮は特別で、最初に創建された東照宮であり、家康公のご遺体が一番初めに埋葬されました。本殿、石の間、拝殿が国宝に指定されており、当時最高の建築技術であり、芸術でもある「権現造り」を今に残しています。2015年には鎮座400年を迎えるため、記念品のお酒などが用意されています。この際に観光されてみてはいかがでしょうか?

久能山東照宮について

観光地でも有名な久能山東照宮は静岡市駿河区にある神社です。徳川家康の死去に伴い、遺言通り遺骸が久能山に葬られ、1617年に社殿が造営されました。権現造、総漆塗り、極彩色の豪華な建築で、当時最高の技術を結集し、僅か1年7ヶ月で完成しました。三代将軍家光は久能山の整備にも力を入れ、薬師堂、神楽殿などの堂宇を新たに建立しています。2010年、本殿、石の間、拝殿が国宝に指定されました。唐門を始めとした他の建築も重要文化財に指定されています。2015年に鎮座400年を迎えるため、様々な観光イベントが企画されています。強力なパワースポットとしても人気があり、特に1159段の石段を上って参拝するとご利益がアップする、と言われています。

観光地、スポット情報